相続税の税務調査が来る可能性は?

MENU

相続税の税務調査が来る可能性は?

2014年に生じた相続のときに相続税の課税対象となったものは約5万4000件あり、そのうちで相続税の税務調査が実施されたものは約1万2000件となります。従って、4〜5件に1件の割合で相続税の税務調査が行われており、20〜25%程度の確率で行われています。相続税に関しては申告の義務があるときには、相続が発生した日の翌日から10か月以内に申告書の提出が必要になります。申告書を受け付けた税務署は、申告書に記載されている内容の計算に間違いがないかの確認を行って、相続財産の漏れなどがないか税務署内において事前調査を実施します。税務署では職権による方法で、不動産情報や通帳を収集することが可能で、それによって得た情報に基づいて緻密な調査が行われています。事前調査を行った結果として不審点がなければその段階で調査は終わりますが、明らかに間違いが生じているときや、税務署内だけでは把握できないことがある場合には、相続人に事情を聞く必要が出てくるために税務調査が行われます。訪問調査が行われるときには、自分で申告を行ったときには自宅に対して行われて、税理士に手続きの依頼をした場合には税理士宛てに連絡が入ります。調査としては、1〜2日ほどにわたって調査官が相続人の自宅に訪問して行われます。訪問調査に得た情報は税務署に持ち帰られて、1〜2か月ほどの期間をかけて修正点がないか確認されます。申告していない財産があると判断したときには、納税者に連絡が入って修正申告を行うように指導されます。