税務調査の対象期間

MENU

税務調査の対象期間

税務調査では、過去の帳簿や領収書を提出しなければいけません。
提出する必要があるのは、過去5年間の帳簿や領収書です。
税務調査で過去5年間の帳簿や領収書が必要になる理由は、対象期間が5年間と決められているからです。
対象期間が5年間と決められている理由は、平成23年に更正について改正されたことと関係しています。
更正とは、確定申告後に納めるべき税金が多かったり少なかったりした場合、書類で修正することです。
この更生の対象期間が5年とされているので、税務調査でも過去5年間の塗油簿や領収書が必要になります。
基本的にそれ以上遡って提出する必要はないので、税務調査の通知が来たら過去5年間の帳簿や領収書を用意しておきましょう。
しかし、税務調査で違反が見つかり悪質と判断された場合は、対象期間が最大7年に延びます。
ですから、税務調査の対象期間が5年間でも、帳簿の保管義務は変わってきます。
請求書や領収書の保管期間は、対象となる期間と同じく5年間です。
しかし、収入や必要経費が記載されている帳簿は、7年間の保管が義務付けられています。
種類によって保管義務は異なるので、注意しなければいけません。
5年前のことは、忘れているかもしれません。
しかし、税務調査の対象期間は5年間ので、税務署から通知が来たら対応する必要があります。
税務署から通知が来る可能性自体は低いですが、通知が来たときに慌てずに対応できるように、対象期間の帳簿は大切に保管しておきましょう。