税務調査の対象になるのは?

MENU

税務調査の対象になるのは?

日本国憲法では納税の義務が明記されていますが、それでも脱税の事象は多いです。その税の流れも単に法律をしらないのかあるいは悪意をもって逃れるか様々ですが、方法を駆使して税の逃れようとします。そのような事象に対処するのが、税務署の税務調査です。この税務調査は対象となるのはかならずしも脱税に匹敵するような悪質なものだけではなく、法律の不知によって生じる事例に対しても行います。その調査対象になる経過ですが、あくまでも隠密に行わなければならない重大な脱税であればその調査準備が潜行してすすめていくことがあり、事業者の所得隠しなどでは良く取り上げられます。これ以外にも最近では多いのは、相続税の税金逃れで近年法律の改正もあり、課税ハードルが下ったために課税されることをしらず放置している時に税務署より任意のお尋ねをそのままにしておいたのち、この税務調査がはいることもあります。大がかりなものになると税務職員が何名もきて、書類が調査して、場合によって書類を押収されていまうこともあり、相続税のことで生活に支障がでることもあります。こうした税務調査は事前告知がなされる場合もあり、その際にむしろ調査は来られる前に税務署に関係書類を持参して出頭して説明したほうがいい場合もあります。また事業について税務調査は、一度対象となると翌年、翌々年も調査に入られることもあるので会計管理者は対応に苦慮しますので会計処理は疑われることなく処理するべきです。