個人事業主に来る確率は?

MENU

税務調査が個人事業主に来る確率は?

税務調査は個人事業主に対しても行われますが、実際に来る確率となると正確な数字を出すことはできません。
税務署が個人事業主の元に税務調査に入る割合としては、1パーセントに満たないぐらいですからこの数字だけを見れば税務調査に入られるのは100年に1回程度ということになりますから、あまり心配をする必要はありません。
しかし、税務署もランダムに調査に入っているわけではありませんから、脱税の疑いが濃厚であったり何か不正をしている可能性の高い個人事業主を狙ってきますから、意図的に脱税などが行われていれば調査に入られてしまう可能性は更に高まってしまうということになります。

 

そして、その金額が大きければ大きいほど確率は高まりますから、単純な数字だけでは考えることができないのです。
現状では全ての個人事業主に対して税務調査を行うだけの人員が足りていないこともあって、大半が調査をすることが出来ない現状となっています。
調査をするのであれば、それに見合った税金を取ることができなければ意味がありませんから、巨額の脱税などをしていなければ更に税務調査に入られる確率というのは低いものとなります。
注意が必要な点としては、金額が大きい場所でなければ税務調査に入らないと思われると不正の温床となってしまうので、少額であっても入られる可能性はないわけではありませんから、常に税務調査に入られてしまっても困らないように準備をしておくことが大切です。