税務調査で判明した追徴課税は

MENU

税務調査で判明した追徴課税は

税務申告が正しく行われているのかどうかをチェックするため、税務署が企業や個人事業主に対して税務調査を行うことがあります。その際には、帳簿書類などを税務署の調査官が時間をかけて調べます。保管義務のある領収書なども見せなければなりません。紛失してしまった場合には、その分の費用を経費に算入できなくなってしまうため、注意しましょう。また、経理処理の方法に誤りがあった場合には、指摘を受けることになります。ケアレスミス程度であれば、ただ注意されて軽く誤るくらいで済みます。
そして、正しく処理した場合と実際に提出された申告書の内容を照らし合わせて、税額が変わってしまうことも少なくありません。そういった場合に正しく処理すると税額が増える際には増えた分の税金と加算税を支払う義務が生じます。また、処理が正しく行われていなかった場合で、意図的に数字を操作していたと判断されたときには追徴課税が課せられることもあります。追徴課税というのは、罰則に近い意味合いを持ち、ペナルティーとして課せられるものです。明らかに経費に算入できないものを、経費にしていた場合にも追徴課税を受けることがあります。追徴課税を受けてしまうと、通常の税額より高額の負担をすることになるため、ごまかさずに申告することが大切です。
また、経費を過剰計上していた場合でも、税務調査が入る前に自ら申告した場合には追徴課税は受けなくて済むようになっています。