税務調査への準備

MENU

税務調査への準備

事業を営んでいる者にとって避けて通れないのが税務調査でしょう。実際に税務調査が行なわれる際に、何らかの誤解が生じてしまうと、調査期間が長引くことがありますし、場合によっては反面調査が行なわれることもあります。それらの事態を避けるためにも、経理を担当する者として是非とも行なっておきたい事柄があります。それは事前の良い準備でしょう。
まず事業概況の事前準備としてできる事柄として、普段行なわれている業務に関して具体的な説明ができるよう準備しておきましょう。例えば、製造業を営んでいるのであれば、製品そのものに加えて、製造の過程についての十分な説明ができるようにしておくことができます。その際、工業の見学などを交えながら、実際にそれらの過程を確認してもらうこともできます。
さらに税務調査に備えて行なえる別の事柄は、経理担当者の机やパソコン、また金庫の中などを調査されてもいいよう事前に準備しておくということです。実際に税務調査官は、事務所内の机の中や、書類が保管されている場所、また金庫の中なども実地確認を行なうからです。
加えて、帳簿の調査に備えて事前の準備を行なっておきましょう。具体的には、受注から実際の売上までの流れを説明できるようにしておくができます。またそれに加えて、仕入れや外注に関連した準備ができるでしょう。全ての証票類をきちんと揃えておき、必要な時にはいつでも提示できるようにしておくことは大切です。