税務調査の修正申告方法

MENU

税務調査の修正申告方法

自信の収入は正しい物を申告する必要がありますが、誰でもミスをしてしまう可能性はあります。
ただそのまま放置しておく事は良く無い為、まずは正しい値を伝える為にも修正申告をする必要があります。
では、税務調査の場合は修正申告はどのように行えば良いでしょうか。

 

税務調査の場合は実際に確定申告を提出した後に申告内容に過不足があるという事を指摘された時に行う物だと思われている事もありますが、実際には少々違っています。
課税額が実際よりも少なかったと良きに行うのが修正申告で、実際よりも多く還付金を求める場合は更正の請求と言う事になります。
修正申告自体は自分で気づいて行う事もできますが、一般的には税務調査によって提出する事も少なくありません。

 

この場合、修正申告書を提出する事によって必要な手続きを行う事が出来ます。
一般的には自分で気づいて申告する場合は加算税が掛からず、税務調査によって発覚した場合は加算税がかかる場合が多くなるため、充分気を付けなければいけません。
手続き自体はそれ程難しいわけではないのですが、書類の訂正の仕方等にルールがある為、その点についてしっかりと調べておく必要があります。
また税金に関してのルールはいつも同じ内容かと言ったらそうではありません。
その時によっても変わってくる場合が少なく無い為、実際に自分自身が修正申告を行う場合は税務署の指示に従う、若しくは自分でどのようにすれば良いかを調べて手続きを行う事が重要です。