白色申告でも税務調査が来る確率は?

MENU

白色申告でも税務調査が来る確率は?

よく勘違いしている人の中で、白色申告の場合は税務調査に来ないと思い込んでいる人がいます。これは誤りです。特に白色申告をしている人でも高額納税者は存在しますので、金額が多い人などは特に注意を要します。
どの程度の頻度で税務調査が入るかですが、修正申告を指摘された経験が近年にある場合は、毎年必ずチェックを受けていると考えてよいでしょう。もし、昨年よりも申告額が異常に少ない場合には、過少申告をしていないかどうか調べられる可能性が高まります。すなわち、白色申告でも税務調査される可能性が大きくなるわけです。人によっては年に複数回、または毎年1回程度この調査を受けなければならないケースもあるでしょう。
士業の人の中には、青色申告をせずにこちらの白色申告を行う人もいます。この場合、特に収入に関して厳しくチェックされやすいものですから、金額がそれほど大きくなくても毎年調査に訪れる場合は多くなってきます。
この調査では、事前の通告などはまずありません。突然訪問してきて、しかも裁判所の許可などは特に必要なく調査が行われます。このとき、虚偽の話を行うことは厳禁ですし、保管しておかなければいけない通帳などもしっかりと確認してもらわなければいけません。税務担当官から指示を受けてこの書類を見せてほしいといった具合に調べられる場合や、家宅捜査に近い場合もあるなどやり方は様々ですが、いずれにせよ突然来た場合は申告漏れの情報をキャッチしている場合などですので、包み隠さず申告を行うことが求められます。