税務調査への対応方法

MENU

税務調査への対応方法

税務調査が入るとなると、特に不正行為などを行っているわけではなくともなんとなく不安な気持ちを抱いてしまいがちです。
しかし、そのような気持ちのままで対応をしてもプラスになることはありません。
不安から挙動不審になってしまったりすると、なにか隠しているのではないかと変に疑われてしまうこともありますので、毅然とした態度でいることが重要です。
そのためにも必要なことは、いつ税務調査がきてもいいように日頃から帳簿や資料の準備をしておくことです。
仕事が忙しくなると、つい帳簿管理などが杜撰になってしまいがちですが、そうなってしまうと税務調査時に帳簿の不備などを指摘されてしまう可能性が高くなります。
そうならないように、きちんと日頃から帳簿や資料の管理を行い、税務調査が入るという連絡が入った時には、不備がないように内容をしっかり確認しておくようにしましょう。
そうしておくことで、いつ税務調査が入っても慌てる必要がなくなりますし、調査員からの質問や指摘に対しても自信を持って明確な回答を示すことが出来るはずです。
また余裕があれば、税務に関する知識や見解を持てるように勉強をしておくことも重要です。
調査員は税務のプロですので、毅然とした態度で対等に接するには、こちらも多少の知識が必要となります。
今すぐには無理でも少しずつ勉強をするようにして、いざ税務調査がくるとなった時にどっしり構えられるような準備をしておくとよいでしょう。