税務調査官とは?

MENU

税務調査官とは?

日本では個人事業主や会社といった納税者が自ら税務申告を行い、そのうえで国へ納める所得税や法人税を納税者自らが計算するかたちとなっています。事業規模の大きな法人の場合、顧問税理士や税務の知識に長けている従業員を雇うなどして税務申告に万全の備えをしているのでしょうが、個人事業主や小規模な法人の場合、税務申告を経営者が自ら行っているケースというのも決して珍しいことではありません。そのため、ときには申告をした内容に間違いや誤った知識に基づいた申告の手続きをしてしまうケースも少なからずあります。
そこで税務署では申告された内容に間違いや不正がないかを定期的にチェックすることになります。このような調査のことを税務調査といいます。税務調査ではお金の流れを明確にするために帳簿類などをチェックすることによって申告された内容に問題がないかを改めて確認することになりますが、その際に間違いなどが発見された際には税務申告のやり直しを求められることになります。また、故意に虚偽の内容で税務申告を行っていた場合には追徴課税の措置を受けることになり、金銭的に大きなダメージを受けることになります。
税務調査を行うのは原則として税務署の職員である税務調査官ですが、脱税をしている疑いがある場合には国税庁の職員が税務調査官となることもあります。税務調査というものは一見、怖いものというイメージがありますが、税務申告をしっかりとしていれば恐れる必要はありません。