税務調査の対象りやすい個人事業は?

MENU

税務調査の対象りやすい個人事業は?

課税逃れや所得隠しの疑いがあると税務署による税務調査に入られることもあります。この税務調査は一度税務署から課税逃れと認定されて課税されてマークされると何年もその調査をうけることもあり、非常に厄介なものです。そのためにその調査が入らないように会計処理は明確にしてお必要がありますが、業態によってはこの税務調査はなりやすいものがあり、個人事業主は特にその会計の処理がにに日々の帳簿作成を義務づけられているにもかかわらず、正確さを欠くので調査に入られやすいです。
こうした個人事業主の中では、その行っている事業内容によっては税務調査されやすいものがあります。それは、飲食や風俗系のサービス業です。その理由は、事業のおける経費の掛かり方に着目して調査を仕掛けてきます。一般に経費分には課税されないが原則で、課税はあくまでも売り上げに対して、その経費分を差し引いたものに対して課せるものになります。そのためにできるだけ経費が掛かれば課税を逃れるのでこの経費を水増しいく傾向があります。お店で使用するために食糧品を少し多めに仕入れてその食材の家族や自分の食材としてつかうことやおしぼりやリネンなども大量発注して使用しないものは家で使ったり、あるいは転売してお金に換えるなど、私的なことで経費を使用したものが税務署は認めません。こうした経費水ましの実態が多いのが個人事業主であるために税務署としても税務調査しやすいところでもあります。