税務調査の注意点

MENU

税務調査の注意点

税務調査は以下のような領収書が原因となり行われることが多いので注意が必要です。まず注意点として挙げられるのは件数が不自然に多いことです。続いて金額が大きい、領収書の記載が他のものと異なる、事業とは関係ないものが含まれている場合も含まれます。また領収書を書く際に品物名を本来購入したものと異なる名前で記入した場合も品名詐称となり、脱税行為とみなされてしまうので注意が必要です。領収書の場合は但し書きを使って唯一取引科目を判別することができるので、後で見てもわかるように書いておく必要があります。もし税務調査をする際に領収書があったとしてもその内容を説明できないのでは意味がありません。さらにお品代という品名で記載されることが多いかもしれませんが、仮に税務調査が入った時に内容を指摘される可能性があります。このような記載をしていると、会社の経費を使って自分の買い物をしているのではないかと誤解されてしまう恐れがあります。領収書にはしっかりと但し書きと宛名を書くように普段から注意してください。もしもごまかしていても、領収書は通常7年間は保存しなければいけません。そのため税務調査が入るとすぐにバレてしまいますので、くれぐれも客観的に見て疑わしいことはしないようにしましょう。もしも領収書がもらえなかった、無くした、もらうのを忘れた場合は、日報にメモを忘れないようにしておくことが求められます。領収書がなければ認められない場合もありますが、一旦はメモしたものを提示し、交渉してもいいかもしれません。