税務調査!個人事業主に対する調査の確率は?|おすすめの税理士ご紹介します!

MENU

個人事業主に税務調査が来る確率と対策方法

税務調査が来る確率

税金の専門家である税理士。業務内容は主に、税務書類の作成税務相談記帳業務税務代理です。

 

パソコンの会計ソフトを使えば、簡単に事務処理を行うことができるので、確定申告のときだけお願いする個人事業主も多いようです。

 

しかし、仕事の手をとめて事務処理に時間を費やすのはとてももったいないことです。事務作業が苦手な人はなおさら。

 

一つ計算間違いをしてしまうだけでも、修正するのに何時間もかかったなんてこともあります。正しい知識で正確に税務処理をするために、専門家に依頼することは効率的な方法だと言えるでしょう

 

備考>個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

さらに、節税対策や、税務調査、会社設立について相談に乗ってもらうこともできます。何より安心できることは一番のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

お金のことをお任せする相手ですから、選ぶポイントとして信頼できることが第一です。確実に業務を遂行してくれることは当然として、相手との相性も大切です。

 

一人で業務を進めなければならない個人事業主にとって、税務調査などに関して気軽に相談できることは重要なポイントと言えます。

 

また、税理士にも得意不得意があり、何を専門としているか経験をチェックすることは欠かせません。お願いしたい範囲、予算を提示して自分に合った税理士を探しましょう

 

また、自分ができること、使っている会計ソフトに対応してもらえるかも確認しておきたい事項です。

 

選ぶ際には、税理士紹介エージェントを利用すると、効率良く見つけることができます。税金や税務調査のことがまったくわからない人でも、「すべてお任せ」の依頼に対応してくれる税理士がいるので安心です。

 

格安の事務所は、対応が悪かったりミスが多かったりする場合があります。相談は別料金に設定されていることも少なくありません。

 

安かろう悪かろう」にならないためにも紹介サービスを役立てたいところです。こちらのエージェントは、広告費によって運営されているため、無料で利用できます。

 

直接事務所に問い合わせた場合、断られてしまうこともありますが、そういったことのないよう、調整をしてもらえるので、 効率よく探すことができるのが大きなメリットです。

 

電話ウェブから問い合わせ可能で、希望を詳しく伝えられます。さらに、紹介は最短で即日という迅速な対応。忙しい人にとってはありがたいサービスです。

 

契約の前には、面談があり、具体的な依頼内容について相談できます。相性が合わない場合も、ここで別の人を紹介してもらますし、断りにくい場合には、センター側がその旨を伝えてくれます。

 

参考:個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

 

 

個人事業主の税務調査への対策には税理士エージェントで税理士を紹介してもらい相談した方が良い理由

 

税務調査が来る確率

個人事業主をしている人は、誰でも税務調査の対象になり得るので、何らかの税務調査対策を行い備える必要があります。

 

個人事業主は、経営上に不備が発生したり、税務調査に引っかかる特徴がなくても、選ばれて税務調査される可能性が存在します。

 

つまり、個人事業主をするからには、何時でも税務調査が発生したり、包み隠さず見てもらう為の備えを行う事が肝心になります

 

ただ、中途半端な税務調査の対策は、真面目に働いている個人事業主でも、余計な疑いが持たれたり隙を突かれてしまう要因を作る結果に繋がります。

 

個人事業主として実績を作ったり、税務調査に対して万全の備えを行いたいのであれば、税理士エージェントを通して税理士を紹介を受ける事がおすすめです

 

口コミ(個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?)

 

税理士エージェントはその名の通り、税理士を見付けるスペシャリストで、相談主と相性の良い最適な税理士がマッチングしてもらえます。

 

税理士エージェントの特徴は、紹介自体が無料で行われていたり、紹介後の解約件数はゼロで、希望を伝えれば期待通りの税理士と出会う切っ掛けが得られます。

 

節税対策の知識を持っていたり、過去に取り組んだ経験がある場合は、税理士に相談しなくても良い可能性は十分にあります。

 

しかし、事業主としての実績が浅く、節税や税務調査に関する知識が一切ない時は、迷わず税理士に任せる選択が最良になり得ます。

 

中有と半端な知識では、節税効果が限定されてしまったり、却って支出が増加する結果に結び付きやすくなります。

 

隙だらけの節税は、節税しているつもりが逆に作用する事もあるので、まずは税理士エージェントに相談をし始めて、本格的な対策に取り組む事が重要です

 

正しく節税を行えば、調査で問題が起こるリスクはなくなりますし、むしろ支出が減らせるようになるので、安定した経営を実現する切っ掛けになります。

 

餅は餅屋と表現されるように、税務や税務調査に関する事は税理士に相談したり、税務エージェントに任せる事が合理的かつ最適な選択と考えられます。

 

節税だけではなく、これからビジネスを始めたり、初めての確定申告を行いたい時も、税理士は心強いパートナーになります。

 

同業者の経験則から得るアドバイスや、過去のルールに基づいた対策は、現在では通用しなかったり、リスクを高めてしまう原因の一つに加わります。

 

現状を良く理解していたり、相談者の希望を汲み取る事が出来る税理士は、優れた技術相性の良さが求められる存在です。

 

税理士エージェントは客観的な立場によって、相談内容を正確に把握したり、相談者と税理士の結び付けを行っています

 

PR☆個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

個人事業主でも税理士に依頼した方が良い理由

 

税務調査が来る確率

法人化していない個人事業主で、相応に利益を上げている場合は税務署などに目を付けられやすくなります。

 

また、節税に努めている人も多く居ますが、その節税グレーゾーンの場合で怪しいケースの場合、税務調査などで指摘を受ける可能性が高くなってきます

 

特に税理士などの代理人を立てていない場合には自らが経理を行っていることも多く、その分だけ明責任も重くなってくることでしょう。

 

相談せずに自らの考えて行っている場合あるいは正式に依頼をせずに聞きかじったような知識の場合は危険です

 

個人事業主の場合でも、白色申告のケースや青色申告のケースとで変わってくるものです。厳密に簿記として帳簿を付けなければならないかどうかでも違いますし、節税としての経費計上も異なってきます。

 

特に白色申告でも帳簿に類するものを残しておくことが必要となり、その証拠もしっかりと残さなければならなくなっています。

 

税法上の変更などについて、一般的にはそれほど気にもとめないケースも多いこともあって、ついうっかり忘れていたりそもそも知らなかったりするものです。こうしたところを税務署はピンポイントで突いてきます

 

青色申告であっても白色申告であっても、いずれにせよ節税も視野に入れて行動をする場合には、しっかりと意識を持って行動をしていくことが求められます。個人事業主の確定申告等に詳しい税理士に依頼するのが望ましいわけです

 

なお、帳簿の付け方などについては最初は教えて貰えることも多いですが、慣れてくると自ら付けるように言われることがあるので、その点は抑えておくことが望ましいと言えます。

 

評判*個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

国税局の税務調査とは?

 

国税局が自ら行う税務調査には2種類あります。ひとつは任意調査で、国税通則法という法律の規定により納税者の同意のうえで行われる一般的な税務調査です。

 

国税局の中の資料調査課や調査部、または納税者が住まう地域の管轄税務署の調査官によって行われます。

 

任意調査まれに抜き打ちで行われることもありますが、基本的には事前に納税者や納税者が依頼している税理士や会計士、弁護士に対して通達され、日時の都合が悪ければ変更することもできます

 

ただし調査そのものに関しては厳格で、調査にあたる職員は質問検査権を有しており、調査を受ける納税者は裁判で証言をするのと同様に黙秘したり虚偽の陳述をしてはいけないことになっています

 

そして、国税局だけが行うもうひとつの調査が「マルサ」の通称で知られる国税局査察部が行う強制調査です。

 

これは脱税が疑われる納税者に対して行われる調査で、調査官は任意調査と同様に質問検査権を有しているのに加えて、裁判所の令状のもとに納税に関わるあらゆる資料を押収することができます。

 

調査は抜き打ちで行われ、もちろん納税者が拒否することはできません。強制捜査が行われるのは、脱税の中でもとりわけ億単位の大規模なもので、なおかつ悪質な隠ぺい工作がなされた疑いがあるような事案がほとんどです。

 

国税局の税務調査によって実際に脱税があったことが特定されると検察庁に告発され、刑事事件として告訴されます。脱税の手口は経費の不正な計上によるものが主ですが、国際取引やタックスヘイブンを利用した手口も増えています。

 

注目です!個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%?確率は低い? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査が来る確率

企業には毎年、税務申告をする義務があります。その申告が正しいかどうか税務署が調べることを税務調査と言います。

 

突然やってくるので慌てるでしょうが、正しく申告していれば何も恐いことはありません

 

ただ、相手は法律に詳しい専門家であり、場合によっては不当に課税されてしまうこともあります。そういったことがないよう、税務署側に適切な意見を申し出て、ともに交渉してくれるのが税理士の役割です。

 

税務調査や税法に詳しい専門家のため安心ですが、実務経験が豊富な人を選ぶ方がより信頼できます。多岐にわたる税務調査の中で、経験者の方が状況に応じて対応できるからです。

 

また、税務調査を受ける前に、指摘されそうな箇所は事前に対処してもらえているので、突然の訪問にも強いです。

 

宣伝:個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査などの経験の多い税理士でも、それぞれに対応の仕方は異なります。どちらかというと税務署側に付いて対応する人もおり、調査による指摘をすべて受け入れるのであれば、一緒にいてもらう意味がありません

 

もちろん誤った内容で申告しておりそれを指摘されて反論する、というのは法律違反となりますが、企業の側の立場に立って法律の範囲内で反論してくれるところの方がありがたいでしょう。

 

税理士の中には税務署OBもいます。ある一定期間、税務署で仕事をした人は、合格率が10パーセント前後と非常に難易度の高い税理士試験を受験することなくなることができるのです。

 

天下り状態で、ほとんど勉強しておらず、税務署側に付いて対応する悪い人もいますがい、そういった人ばかりでもありません。たとえOBでもきちんと試験を受験してなっているという人もいますし、なった後も勉強してより深い知識を得ようと努力している人もいるのです。

 

税務署出身なら企業に対する対応方法は詳しく知っています。審査に入ったときにスムーズに行動ができるよう資料作り・事前準備を円滑に進めることができます。OBである方がより現場での経験が多いため、さまざまなケースに対応してもらえ、強いのです

 

OBでなくてもしっかり勉強し、日々経験を積んでいる人もいますし、OBであっても税務署時代の経験だけを頼りに税理士としての勉強は特にせずにいる人もいます。

 

経験信頼感とともに人間性なども選び方のポイントとなります。事前の準備についてきちんとアドバイスしてくれるところ、顧客の立場に立って粘り強く交渉してくれるところ、調査終了まで丁寧にサポートしてくれるところを選びましょう。

 

リンク=個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%?確率は低い?  個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査は個人事業主にも来るの?

 

税務調査が来る確率

税務調査は個人事業主に対しても行われます。特に周期とか、業種や利益の程度とかの基準とかでというようなものはなく、

 

無作為抽出のような形で、個人事業主に内容を確認するために行うというようなことが多いとされています。

 

内容は、売上計上基準とかをはじめ、ひととおり帳簿の処理が適切かつ妥当に行われているかということと、それらの裏付けとなる伝票類領収書などがキチンと保管されているかというようなことになります。

 

よく確認されるのが、出張旅費などで、株式会社などの場合は、出張旅費規程などで定めがあれば日当なども経費として認められますが、個人事業主の場合はほとんどが認められないということがあります

 

また、家族と二人だけで事業を行っているときに、奥様を専従従業員として登録するケースが多いのですが、その場合に、奥様の日頃のご苦労を癒すために食事会などを催して、福利厚生費で計上することもありますが、これは認められないことが多くなっています。

 

また、その際の給与は経費として認められますが、逆に扶養家族にすることは認められないということとなっています。

 

そのようなことをひとおおりチェックされますが、個人生活と事業との区分、たとえば電気代をどう按分しているか、などがもっともな理由で然るべく行われていれば、特段の問題はありません

 

なんでもかんでも、事業に関連した経費であるという処理をしていると、指摘され、追徴というパターンとなりますが、きちんと理屈をつけて区分しておき、悪意さえなければ、万が一のときでも、指導ということで済むことが多いのです

 

重要!個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査が個人事業主に来る確率は?

 

税務調査の実施率の確率で個人事業主のところに調査が入る割合の確率というのが、1パーセント程度の確率しかありませんから調査に入られる確率というのはほとんどないということになります。

 

100年に1回あるかないかという出来事の確率ですから、税務調査に入られたらどうしようと過度に心配をする必要はないのです。

 

そして、そもそも正しく申告をしていれば調査に入られても何も問題はなく、理由をつけて追徴課税をされてしまうといったことはありませんから、正直に納税をしている分には何も問題はありません

 

問題があるのは不正な申告をしていたり、脱税をしている個人事業主であり悪質であれば調査の確率が上がり、何年にも遡って追徴課税を受ける可能性が出てきてしまいます

 

税務調査は完全にランダムで行われるわけではなく、巨額の脱税を行っている疑いがある人や不正を行っている可能性のある人を重点的に行なっているわけですから、単純な実施率が1パーセントの確率と言っても不正をしている人の場合にはその確率はアップすると考えておいたほうが良いでしょう。

 

また、不正の金額が大きければ大きいほど徴収できる税金も多くなりますから、巨額の脱税をしている人ほど税務調査に入られる可能性の確率は高い確率といえます。

 

それでは小さな不正であれば見逃されるのかというと、これも必ずしもそうではなくある程度適当に少額の不正に対しても税務調査を行っていなければ少額であれば不正をし放題ということになりますから、少額でも目をつけられるようなことをすればそれだけ調査に入られる確率は上がってしまうことになります

 

注意・個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%?確率は低い? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

税務調査の対象になるのは?

 

税務調査が来る確率

フリーランスのように個人的に事業を行っていたり、小規模であったとしても会社を経営している場合気になるのが税務署による税務調査の問題です。

 

後ろめたいことが一切無いとしても、知人や仕事仲間から税務調査が来たという話を耳にすると緊張感が高まるものです。

 

時折、税務調査の対象になる事例は限定的であると語られることがありますが、全ての事案が対象になることを理解しておきましょう

 

つまり、所得に左右されず必ず行われる上に売り上げや費用に関しては事業年度に計算して報告しなければなりません。

 

落とし穴と言われているのが、交際費家事費なのでこれらの費用に関しては念入りに調べる必要があります

 

フリーランスの場合は、自営業と同一の扱いになるので税務調査は他人事と考えている方が多いのですが、実は大いに関係があります。法人に限らず、全ての人々が対象なのです

 

そもそも、税務調査を行う意味というのは適正で公平性のある課税を具現化することです。
日本というのは、所得が高額であるほど課税の義務が大きくなるので、調査が行われる目安は1千万円以上所得がある場合と言われています

 

しかし、1千万円以上の所得がある方が対象になっているというのは過去の話と言われています。
今日においては、少額であったとしても税務調査の対象になる可能性は大いにあるので注意が必要です。しかも、以前は3年に1度とされてきた法人税に関しても現在は様子が異なってきています

 

おすすめ:個人事業主に税務調査が来る確率、その確率は何%? 個人事業主の税務調査対策、税務調査に強い税理士とは?

 

更新履歴